「プロペシア知って納得情報局」へようこそ!

是非とも知っておきたいプロペシア情報を「プロペシア知って納得情報局」でご案内しています。
まずは豊富なお役立ちコンテンツをご熟読ください。

 

実際に、プロペシアの服用が1年間だったとしても、髪の毛が減ったと回答している方はたった2%で、残りの40%の人は「現状維持」、58%の人は「髪の毛が増えた」と回答しております。

 

プロペシア(propecia)1mgの効果があらわれる部位は基本的に頭皮で、長たらしい期間に渡って服用を続けることによって少々ずつ抜け毛を少なくできます。

 

「現状維持」というのは意味がないと考える方がいらっしゃるかもしれませんが、プロペシアの服用を続けたことで抜け毛が減り、薄毛への進行を食い止めていることになるのできちんと医薬品の効果が出ているというわけです。最初のうちは抜け毛の減少効果だけだったとしても、続けていくうちに頭頂部や生え際といった部位にも変化があらわれ、増毛作用が得られてAGAの治療に繋がるという仕組みです。

 

別途効果が強くあらわれる部位は決まっていないものの、時間をかけてボリュームに変化が生じやすいと言えるでしょう。大正製薬から販売されている有名な育毛剤のリアップは、頭頂部には強くても生え際といった場所には効き目がないという弱点があります。

 

その点、フィナステリドという成分が配合されたプロペシアであれば頭皮全体に作用しますし、日本皮膚科学会のガイドラインでどれよりも推薦できる成分だと発表されたので何かしらの効果は得られるはずです。


更新履歴